ホリデイ・トレッキング・クラブ

世界無形文化遺産日本食を誇る国から 世界一の〝健康美〟発信を目指して

測って•知って•学んで、世界一の美女の卵たちをサポートします。



ラブテリ トーキョー&ニューヨークは、2011年より株式会社タニタとともにミス•ユニバース•ジャパンのファイナリスト育成サポートを通じ、真の健康美とはなにかを分析してきました。美しさ=細さという概念から健康を犠牲にする若い女性が後を絶たないなか、ファイナリストを通じ、真の健康美を叶えようという数年の取り組みが書籍化された「タニタとつくる美人の習慣」(講談社)は7万部を超え、NHK,NHK Wordに取り上げられました。日本女性の美の概念を変えようという私たちの挑戦は今も続いています。

Bauty Camp program,その①
身体の基礎知識を学ぶ
ラブテリ トーキョー&ニューヨークでは、株式会社タニタが提供するプロフェッショナル体組成計による継続的な測定結果から、それぞれの項目と女性の健康•美容に関する基礎知識をBeauty Campで提供しています。痩せて落としたいと願う体重にはなにが含まれていて、落とすことによる健康上の問題は生じないのか、本当に内側から綺麗になるためにはどのような体型が望ましいのかを指導します。

Beauty Camp program,その②
食事日記をつける
日本大会までの数ヶ月間、食生活の写メをほぼ毎日提出してもらうことで、欠食や内容の偏りといった食事のクセを意識し、美しくなるために必要な栄養素が摂れる食生活なるよう、ラブテリ公認管理栄養士からテーラメイド栄養指導を行います。始めは1,000kcalに届かないような少ない食事量がレッスンを終える頃には適正な食事量に変化し、便秘や貧血、肌荒れといった不定愁訴が改善されていきます。また、トレーニングとの併用によりきちんと食べていても見た目が引き締まり、服がサイズダウンしたり顔が一回り小さくなっていきます。

Before

Before

Before

Before

Before

After

After

After

After

After

Beauty Camp program,その③
血液検査を通じて内側から美しく
希望者にはラブテリ トーキョー&ニューヨークオリジナルの血液検査を受けてもらい、女性ホルモンや血中栄養素状態、体型に影響を与える甲状腺や卵巣年齢(AMH)などを調べます。19〜25歳という年齢の割にダイエット遍歴が多いファイナリストの中には、ファスティング(断食)を始めとする極端な食事制限ダイエットの経験者が多く、中性脂肪やコレステロールが基準値以下となり、脂肪肝や甲状腺機能異常を抱えていることも。
 私どもが実施した共同研究から、20代で卵巣年齢(AMH)が40代相当だった女性は痩せ形であることを発表しているため、早期検査とBMI18.5を下回るような痩せ防止への取り組みを続けています。

Beauty Camp program終了後
健康美のオピニオンリーダーに
まだまだ痩せていることが美しいという概念が定着しているモデル•タレントなどが多いなかで、Beauty Campを卒業したファイナリストたちは健康美のオピニオンリーダーとして各種イベントなどで活躍しています。とくに、理想体型と食生活を実現し、心身のトラブル改善や食への意識が変わったファイナリストたちは弊社代表 細川モモとともに多くのイベントや書籍、女性誌に登場することで〝食べて綺麗になる〟新しい美の概念を発信しています。